MENU

兵庫県立大学 工学部・大学院工学研究科 University of Hyogo SCHOOL OF ENGINEERING & GRADUATE SCHOOL OF ENGINEERING

トピックス

2024.06.20お知らせ
材料・放射光工学専攻の永瀬丈嗣教授が中心メンバーの1人として参画し、兵庫県立大学・芸術文化観光専門職大学・神戸市立工業高等専門学校・兵庫県立工業技術センター・但馬技術大学校・NIRO・明石市立天文科学館などが協力して進めている「兵庫出石・辰鼓楼機械時計 科学調査プロジェクト」に関する特別展「ときあかせ! 辰鼓楼機械時計の謎」が、明石市立天文科学館にて開催されています。(7月15日まで)
特別展では、辰鼓楼機械時計の初号機・2号機の機構部や3Dプリンターで作製されたレプリカ部品の実物が展示されています。プロジェクトのWebサイトで、永瀬教授が担当し県立大を中心として行われている科学分析の過程を見ることができます。
2024.06.07お知らせ
化学工学専攻の佐藤根大士准教授が東京スクリーン粉体工学研究奨励賞(Tokyo Screen Award)を受賞しました。粉体工学に関する若手から中堅の研究者の研究を支援するため,年に1名に授与されているものです。2024年4月12日に表彰状が贈られるとともに,国際会議への出席・発表を資金的に援助する目的で賞金が学術奨励寄附金として贈呈されました。
2024.05.16お知らせ
材料・放射光工学専攻修士1回生の稲村慧さんが軽金属学会第146回大会において優秀ポスター発表賞を受賞しました。発表題目は「In-situ XRD/DIC同時測定を用いたA1200アルミニウムにおける局所変形領域の観察」であす。同賞は、軽金属学会大会において、ポスターセッションにおいて優れた発表を行い、今後の発展が期待される者に対し贈られるものです。 軽金属学会第146回大会優秀ポスター発表賞
2024.05.16お知らせ
材料・放射光工学専攻修士2回生の村上翔太さんが軽金属学会第146回大会において優秀ポスター発表賞を受賞しました。発表題目は「タイプA+Bセレーションを示すAl-Mg合金のIn-situ XRD/DIC同時測定」であす。同賞は、軽金属学会大会において、ポスターセッションにおいて優れた発表を行い、今後の発展が期待される者に対し贈られるものです。 軽金属学会第146回大会優秀ポスター発表賞
2024.05.16お知らせ
材料・放射光工学専攻修士2回生の湊公佑さんが第146回軽金属学会にて軽金属学会溶接協会賞を受賞しました。発表題目は「電子ビーム積層造形で作製したAl-12Si合金の微細組織と機械的性質の関係」であす。同賞は、軽金属の溶接・接合に係る優秀な発表を行った者に対して贈られるものです。 第146回軽金属学会軽金属学会溶接協会賞
2024.05.08お知らせ
材料・放射光工学専攻2回生の藤本羽海さんが 2024/4/16-4/18 に開催された国際会議 Photomask Japan 2024 にて「Best Academic Poster Presentation 賞」を受賞しました。 Photomask Japan は半導体原板のフォトマスク開発に携わる企業、要素技術の開発を進める国研、大学、企業の研究者や技術者が一同に集まり、成果を発表する国内最大のマスク原版に関する国際会議です。 藤本君は放射光施設ニュースバルで波長 6.7 nm の Beyond EUV リソグラフィー用多層膜の開発を進めています。Beyond EUV は次世代のリソグラフィーで、実用的な多層膜の開発が重要となっています。今回の発表では多層膜材料である炭素の高密度成膜条件を探索した結果が評価されました。この賞を励みに、研究に全力を尽くしたいとコメントしています。 Photomask Japan 2024・Best Academic Poster Presentation 賞
2024.05.07お知らせ
大阪産業技術研究所森ノ宮センター 桑城志帆氏(本学工学研究科化学工学専攻2017年3月博士前期課程修了)らと工学研究科化学工学専攻 岸肇教授との共同研究論文 ”Higher order structures and toughening mechanisms for simultaneously polymerized polymethacrylate/polyurethane” (https://doi.org/10.1002/app.55315)がWiley社のJournal of Applied Polymer Science, Vol.141, Issue 19 (2024)のCover Imageとして採択されました(https://onlinelibrary.wiley.com/toc/10974628/2024/141/19)。本論文では、メタクリレートモノマーとウレタンプレポリマーの同時重合により強靭な非晶質ポリマー/結晶性ポリマーブレンドの調製に成功しました。数マイクロメートルサイズの球晶と約100nmサイズのエラストマー相がポリメタクリレートマトリックス中に分散する高次構造が形成され、この高次構造が負荷時のき裂進展抵抗をもたらし強靭化する機構を光学顕微鏡および電子顕微鏡により明らかにしたものです。
2024.04.25お知らせ
材料・放射光工学専攻の永瀬丈嗣教授が運営委員として参加している兵庫出石・辰鼓楼機械時計 科学調査プロジェクトが,NHKラジオ「マイあさ! 5時台」にて報道されました。
2024.04.23お知らせ
兵庫県立明石北高等学校と教育交流に関する協定を締結しました
2024.04.04お知らせ
材料・放射光工学専攻修士1回生の稲村慧さんが日本鉄鋼協会・日本金属学会奨学賞を受賞しました。同賞は、材料工学ならびにその周辺分野において学業に精励し、人格学業とも優秀であると認められた学生に対し贈られるものです。日本鉄鋼協会・日本金属学会奨学賞
2024.04.03お知らせ
化学工学専攻博士前期課程2回生の原 瞭子さん(2024.3修了)が2024年3月13‐15日に京都府民総合交流プラザ京都テルサにて開催された第15回日本複合材料会議(JCCM-15)にて優秀講演賞を受賞しました。原さんの講演題は「エポキシ/in-situ重合メタクリル/Agフィラー複合材の電気・熱伝導性」です(共著者:木村夏海、藤田晶、古井裕彦、岸肇)。モノマーブレンド状態から重合・架橋が進行するマトリックスの相構造形成やフィラー選択配置構造と導電性・熱伝導性との関係および物性発現機構を明らかにした研究が評価されたものです。
2024.04.03お知らせ
工学部機械・材料工学科4回生の福澤慶太さんが2024年3月14日に大阪工業大学において行われた日本機械学会関西支部関西学生会学生員卒業研究発表講演会においてBest Presentation Awardを受賞しました。この賞は関西学生会学生員卒業研究発表講演会で発表を行う4回生を対象とし、卒研等におけるコミュニケーションスキル・プレゼンテーションスキルが総合的に優れている学生に授与されるものであり、特に総合的に優れた当該学生に本賞が授与されました。特に、受賞した卒研題目は「骨髄内での薬物動態の解明」で、開放骨折時の骨髄内での薬物拡散過程を明らかにしたものです。Best Presentation Award