入学、進学おめでとうございます。新型コロナ感染症が収まる気配をみせない中、諸君はこれから新しい環境での研鑽に励むことになります。ニュース等で連日報道されている通り若者の感染者が急増しています。本学においても3月末から何人もの感染者が発生しています。その原因の多くは懇親会や下宿での会食です。また友人との昼食時での感染、家族内感染も発生しています。兵庫県は変異型ウイルスが蔓延しており、これは以前より高い感染力を持ち、重症化しやすいと言われており、これまで以上に注意した対策が必要です。
 自分自身ないしは友人が感染者かもしれない、今自分が触ったところにウイルス付着しているかもしれない等、常に感染防止に努める行動をしましょう。感染を防ぐ(持ち込まない、広げない、うつらない)意識を常に持つことです。
 1年生は週の約半分、2年生以上は毎日キャンパスへ登校して対面授業を中心にしての新学期がスタートしています。友人との語らい、クラブ活動においてもお互いに注意できるような意識の高い関係を築くようにしてください。 また1年生の諸君はこれまでの生活とは全く異なり、自己管理が基本となる学生生活を送ることになります。周りに流されず兵庫県大生としてのプライドと自覚をしっかりともった学生生活をエンジョイしましょう。
 
工学部長、工学部学生部長、工学部教務委員長
 
 
先輩からの応援メッセージ

さあ、君たちの夢をかたちに。独自の創造力を発揮しよう。

 高校生のみなさんはスマートフォンを使っていますか?タブレットPCは?インターネットは?これらは現代の生活が如何に便利かをいうときによく例として出されます。これらは皆、高度な技術により作り出されたものです。現代の我々の生活は、沢山の優れた研究・技術開発の積み重ねにより便利になっているのです。

 工学部は新技術を作り出すことを学ぶところです。新しい技術はどうしたら開発できるのでしょうか。物質の成り立ちや法則をよく理解したら、あるいは難しい数式を取り扱えるようになったらできるのでしょうか?実は、これらは基礎力であり、必要条件に過ぎません。

 これらに加え、個々の研究者・技術者が目的に向かって創造力を発揮することで進歩した新技術として実を結び、世に役立つ製品やシステムになるのです。

  • 電気電子情報科学科
  • 機械・材料工学科
  • 応用化学工学科

兵庫県立大学 工学部・大学院工学研究科 研究センター

  • ナノ・マイクロ構造科学研究センター
  • 高度生産加工技術研究センター
  • MEMSデバイス開発支援センター
  • 工作センター
  • 先端医工学研究センター
  • 次世代分散型エネルギー研究センター
  • 共同利用機器センター